・一生懸命歯ブラシしても歯がでこぼこでうまく磨けない。
・前歯がでっぱっている、受け口になっている、咬み合わせがずれていて気になる。
・指しゃぶりがずっと続いているけど大丈夫?

また、
・矯正っていつから始めればいいの?早ければ早い方がいいの?
・興味あるけど治療費が気になる。
・矯正って痛くない?

こんな風にお考えのお子さまや保護者様、是非ご相談ください。

基本的に当院の矯正治療の対象は3歳から高校生くらいのお子さまです。
これらの時期の矯正治療には、劇的に変化するお顔や顎の骨、歯の生え換わりなどをどのようにとらえるかという重要なポイントがあります。そのため、お子さま一人ひとりに対してオーダーメイドの考え方や治療が必要となります。
たかはしキッズデンタルではお子さまの発育段階に応じて適切に対応し、歯並びやかみ合わせの異常の予防、早期発見・早期治療を行います。

当院の矯正治療の考え方

大きく3つの時期に分けて考えます。

0期

乳歯の歯並びの時期です。原則としてこの時期には細かな歯の移動はほとんど行いません。将来、顎の成長に悪影響を及ぼすような原因を取り除く治療が中心となります。
例)大きなあごのずれ。指しゃぶりなどの悪い習慣への対応。など

Ⅰ期

永久歯の生え始めから全身の成長スパート前までの時期です。
この時期には将来の歯並びやかみ合わせの予測がある程度可能になります。

そのため成長スパートまでの時期に、成長に悪影響を与えそうな原因を取り除きます。この時期に適切な矯正治療を行うことにより成長スパート後の治療を有利に展開できる場合が多くあります。

思春期成長スパート

また永久歯の生え変わりなどがうまくいかない場合もこの時期に対応を行うことが必要となります。

Ⅱ期

永久歯への交換が終わり、男女で年齢の差はありますが全身成長もひと段落した時期です。この時期には最終的な歯並びやかみ合わせを仕上げていくことが可能となります。

矯正治療の進め方
ご相談

どのあたりが気になりますか?
何でも聞いてくださいね!

精密検査

後でご説明します項目について精密検査をします。

診断 再相談

検査結果を基にした不正の診断、治療方針についてご説明します。
なんでも聞いてください。

ご同意・装置の準備

治療方針にご同意いただけましたか?
よろしければ治療の準備をします。

治療開始・装置の装着

さあ!治療の開始です。
早めに器具に慣れましょう。

装置の調整

大体ひと月に1度調整します。
もちろん汚れやすい部分は徹底的にクリーニングしますのでご安心ください。

装置の撤去

おめでとう!!治療目標を達成しました。
装置をはずします。

保定

せっかく直したのにまた悪くなってはもったいない。
しばらく安定させるための養生期間です。

精密検査について

1.精密模型

とても大事な模型です。
治療後に比べてみると治り方がよくわかります。

2.各種レントゲン

一般的に3種類から4種類のレントゲンを撮影します。
これを使って不正の原因を数値的に分析します。骨や歯の成長もわかります。

3.口腔内写真 4.顔貌写真

顔や歯並び、かみ合わせの写真を撮影します。
Beforeの記念撮影です。
あわせて歯茎の状態なども診査します。

5.そのほか

あごや舌の動きなどの機能を検査したり、呼吸を見たり顎の関節を調べたりします。
そのほか必要な検査を行います。

矯正治療例

矯正治療の一部をご紹介いたします。

0期(乳歯の歯並びの時期)

4歳 男児 治療期間6ヶ月
5歳 女児 治療期間8ヶ月

I期(思春期成長スパート前)治療

10歳 女児 治療期間8ヶ月
8歳 男児 治療期間6ヶ月
7歳 女児 治療期間16ヶ月
9歳 男児 治療期間18ヶ月
9歳 女児 治療期間12ヶ月

II期(成長スパート後)治療

14歳 女児 治療期間16ヶ月
14歳 女児 治療期間22ヶ月
17歳 女児 治療期間30ヶ月
15歳 男児 治療期間28ヶ月